FC2ブログ
【 当ブログは、NPO法人シマフクロウ・エイドを応援しています 】
グッドゥ (1日1回のクリックで無料支援できます) ← ご協力お願します!
↑ サイト内中段にある「応援する!」ボタンを1日1回クリックするだけです ↑
 ■ 食と栄養、運動と健康、ソーシャルメディアやSIM情報などのお役立ち情報 ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手抜きカレーライス

DSCN0692.jpg

今日は炊飯器ひとつで作る、手抜きカレーライスをを紹介します。
材料はカレーの材料とお米、それに耐熱容器と炊飯器のみです。

◆ カレーを準備する ◆
耐熱容器は、蓋が密閉されない(ゆるい)タイプを用意して下さい。
この耐熱容器にカレーと材料と分量の水を入れます。
今回は、バーモントカレー辛口2ブロック、印度カレー1ブロックと、
具材はピーマンとハーブチキンを入れました。(使えそうなのがこれくらいしか無かったので)
最後に蓋をしてラップで包みます。こうすると炊飯器から取り出しやすくなります。
※ ニンジン、ジャガイモ類は意外に火が通り難いので、先に下茹でするかレンジで加熱して下さい。
DSCN0675.jpg

◆ 炊飯器にカレーをセットする ◆
お米を普通に磨いで炊飯器にセットします、水加減も通常通りでOKです、今回は2合分です。
その上に耐熱容器に用意したカレーを真ん中にセットします。後は普通に炊くだけです。
DSCN0678.jpg

◆ 炊き上がったら耐熱容器を取り出す ◆
火傷に気を付けながら耐熱容器を取り出します。
DSCN0688.jpg

◆ 容器内のカレーをよく混ぜる ◆
出来上がったカレーは下が濃く、上が薄い状態になっているので
全体が均等になるよう、よくかき混ぜます。
DSCN0689.jpg

◆ ご飯にカレーを盛り付ける ◆
これで炊き立てご飯と、あつあつカレーがいっぺんに出来ました。
後はトップページのように、普通に盛り付けて完成です。

この方法で、シチューはもちろん、肉じゃがなんかも作れます。

実際にやってみて解った事は、炊飯中の炊飯器の中はそれほど高温ではないという事です。
最初、ジャガイモは煮くずれしにくい品種でやってみましたが、ぜんぜん火が通りませんでした。
次にホクホクになりやすい品種でやってみましたが、これもあまり火が通りませんでした。
なので、ニンジンやジャガイモは、ある程度やわらかくなるまで下ごしらえが必要です。
炊飯器の性能や、炊き分け機能の使い方でも違いが出るかもしれません。

あと、個人的な感想なんですが、炊飯器カレーは旨いんじゃないかと思ってます。
鍋で作るカレーよりも、味がマイルドというか、雑味や苦みがないというか・・・。

作る量にもよりますが、鍋で煮込む場合、鍋の上部まで温めるには、
どんなに弱火にしても鍋底はかなり熱くなっているはずです。
カレールーが鍋底の高熱によって、若干変質してるんじゃないかと考えてます。
カレーが焦げる一歩手前の状態で鍋底にコビリついている事ってありますからね。

欠点は、炊飯器にカレーを入れた容器を入れる都合上、大量に作れないという事です。
我が家の炊飯器は5合炊きですが、お米2合と、カレー2人前、頑張って3人前が限界です。

まだまだ研究の余地はありますが、簡単で洗い物も少なく済むので忙しい人にオススメです。
どなたか挑戦された方は、ぜひ結果を報告して頂けたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

follow us in feedly ← RSS(feedly)への登録はこちらです。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ポロッキー

Author:ポロッキー
モエレ沼公園が大好きな
健康オタクおじさんです
毎週、月~金で更新中!

サイト登録宣伝無料AUL

カテゴリ
最新記事
最新コメント
中小企業ビジネス支援サイト
札幌圏イベント情報
献立に困った時はこちら
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。