【 当ブログは、NPO法人シマフクロウ・エイドを応援しています 】
グッドゥ (1日1回のクリックで無料支援できます) ← ご協力お願します!
↑ サイト内中段にある「応援する!」ボタンを1日1回クリックするだけです ↑
 ■ 食と栄養、運動と健康、ソーシャルメディアやSIM情報などのお役立ち情報 ■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい心拍計ウォッチ

DSCN0757.jpg

本日、新しい心拍数ウォッチが届きました。
オムロンの「HR-100C」というモデルの平行輸入品で、¥5、260円でした。

近所のコンビニで受け取り、何があるかわからないのでその場ですぐに開封しました。
さすがは並行輸入品、いきなりですが説明書が入ってませんでした(笑)。
そもそも日本国向けではないので、説明書は英語のはずで大きな問題ではありません。

まず胸のセンサーベルトを電池が入っている事を確認して装着しました。
次に受信機となる腕時計の、1時間マイナス(北京時間?)なっているのを修正し、
ハートマークが付いているボタンを押して心拍計モードに切り替えました。
そして動作開始を待つこと数秒、ちゃんと心拍数が表示されるのを確認できました。

DSCN0756.jpg

しかし、表示されている心拍数が感覚的に1~2割多い感じで、
身体を静止した状態からちょっと動くと、一気に心拍数が上がる感じで、
しかもこんなに一気に上がらないだろうという勢いで上がったと思えば、
これはほぼ正しい心拍数じゃないかという表示に落ち着いたりと、どうも不安定な感じです。

私の心拍数は、安静時で50~55(拍/分)、ゆっくりのんびり生活モードで60(拍/分)前後、
ウォーキングで80~100(拍/分)、ゆっくりジョギングで120~140(拍/分)なのですが、
車の運転中で65~90(拍/分)、買い物しながら足を止めると65前後(拍/分)、
動き出すと一気に100前後(拍/分)まで跳ね上がったりと、やっぱり不安定でした。

オムロン製とは言え、並行輸入の安物はやっぱりこんな程度なのかと思いましたが、
とりあえず家に戻って、テストを兼ねてジョギングに出る事にしました。

着替えをしている間も、60~90(拍/分)とあいかわらず不安定な値を表示をしています。
今までの経験では、60~70(拍/分)くらいが妥当な数値のところです。
とりあえず外に出て、ペースを1キロ7分ちょうどで走って様子を見る事にしました。

マメに走りこんでいて調子が良い時なら130前後(拍/分)、
最近は運動不足ぎみなので、130後半~140前後(拍/分)がほぼ正常値なはずです。

スタートしてすぐ、100mも走らないうちに160(拍/分)を超えました、こんな事は有りえません。
やっぱり使い物にならないなと諦めつつ、そのまま走り続けました。
しばらく走っても相変わらず変動が大きい高めの表示が続きましたが、
1キロくらい過ぎたあたりから、何となくリアルっぽい数値になってきました。

やがて、表示がほぼ142(拍/分)から動かなくなりました。
今度は壊れたかと思いましたが、ちょっとペースを上げたら144(拍/分)まで上がり、
逆にペースを落としたら再び142(拍/分)に戻りました。

予想より2~5拍高めのような気もしますが、数値の変化は合っているようでした。
2キロを走り終えた後のウォーキングでは、やはりリアルな心拍数ダウンが確認できました。
家に戻って、血圧計の心拍数と比べてみても、ほぼ同じような数値が出たので、
なんとか使えそうな手応えを確認する事ができました。

心拍数の他、時計、ストップウォッチ、バックライトと、必要最低限の機能だけですが、
バックライトが少し暗い事以外は、軽くてシンプルで使いやすそうです。

これで次回からのランニングは、ペース配分に集中する事ができそうです。
関連記事
スポンサーサイト

follow us in feedly ← RSS(feedly)への登録はこちらです。

テーマ : フィットネス・トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ポロッキー

Author:ポロッキー
モエレ沼公園が大好きな
健康オタクおじさんです
毎週、月~金で更新中!

サイト登録宣伝無料AUL

カテゴリ
最新記事
最新コメント
中小企業ビジネス支援サイト
札幌圏イベント情報
献立に困った時はこちら
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。